前向きのススメ

若年性脳梗塞で人生観に変化。家族を幸せにしたいなら、自分も楽しく前向きにならないとね。

熱海、行って来ました。 子育てのススメ⑤

夏休みと言えば、
「子供と思い出を作りたい!」
って事で、やっぱり家族旅行ですよねぇ。

うちでは、旅行の計画をするのは奥さんです。
だいたい「場所」「やりたい事」あとはフリー。
細かく計画したい僕としては、
かなりアバウトです。
車は使わないので、時間に縛られるのは、
交通機関だけでしょうか?
だから自分が決めてしまうと、
家族で何かとイライラしそうなので、
一切口出ししません。

だからって嫌だと言う事ではありません。
奥さんのそんな自由な感じが、
自分にはなくて好きなので、
それはそれで良いのです。
・・・ノロケです?ごめんなさい。

とにかく、今回、熱海と決まり。
行って来ました。

新宿から、小田急ロマンスカーで小田原へ。
JRに乗り換え、熱海に到着。
近くていいです。

台風の影響がありそうでしたが、
お天気、ギリギリのラインでした。
熱海のサンビーチは防波堤がしっかりで、
思いの外、波は穏やか。
海水浴を楽しみました。
海の上のアスレチック「ウォーターパーク」では、
父子二人してだらしない姿を晒し、
砂浜では、子供よりも必死に砂山を作りました。

f:id:maemukinosusume:20180831225200j:plain

凄く楽しかったです。
が、最後に砂の処理が大変でした。
シャワーも更衣室も無料で使えますが、
結局また足が汚れるんですよねぇ。
二日目に泊まったホテルは、
ロビーの手前にシャワーがあり便利でした。

海岸近くの市民プールにも行きましたが、
当たり前だけど砂が無く楽。
シャワーも暖かい!

ちなみに一日目のホテルには、
屋上プールがあり、いい雰囲気でした。
・・・水着ばかりですね。
夜にはナイトプールになるそう。

f:id:maemukinosusume:20180831230351j:plain

そして、熱海と言えば、海鮮です。
それぞれのホテルのブッフェは、
とても美味しくて満足でした。
しかし、一番感動したのは、
二日目の海鮮定食屋のランチ!
店内に水槽があり、鯵が沢山泳いでます。
注文が入ると、そこから網で鯵をすくい、
捌いてくれます。

鯵の頭が皿の上でピクピクしてます。
子供にはいい経験かな?
身がプリプリで美味しい!

f:id:maemukinosusume:20180831231627j:plain

アジフライは口当たりが柔らかく、
口の中でホロホロほどけていく感じ。
優しい味わいでした。
また食べたいなぁ。

f:id:maemukinosusume:20180831231923j:plain

二日目の夜は花火大会でした。
熱海では年に何回も季節を問わず、開催されます。
ホテルのベランダから見られます。
開始前には、ぞくぞくと海岸に人が集まります。
楽しみでドキドキが止まりません。

が、開始前後にまさかの雨。
それでも大会は決行されました。
途中、どしゃ降りへ。
そんな中、月は綺麗に出ていて、
花火は上がる不思議な光景です。

花火はどしゃ降りにも負けず、
とても素晴らしいものでした。
怖いくらいに近くで破裂して、
爆音も凄かった。迫力ハンパない。

あんな花火大会は初めてです。感動!

f:id:maemukinosusume:20180831233210j:plain

最終日はアカオハーブアンドローズガーデンへ。
とても綺麗なところでした。
漕ぐと空に飛び出しそうなブランコ。
檜が香るカフェ。
見える景色も綺麗です。
とてもいい雰囲気ですが、
肝心な花の写真を撮り忘れました。

f:id:maemukinosusume:20180831233648j:plain
f:id:maemukinosusume:20180831233730j:plain
f:id:maemukinosusume:20180901212847j:plain

途中、木で出来たゲームコーナー。
相方の運勢を占うおもちゃ。
奥さんを思いビー玉を転がすと、
途中で引っ掛かって止まるミラクル。

何か残念なので、
薔薇ジャムを奥さんにプレゼント。
「ジャムはあんまりすきじゃない」と奥さん。
そ、そうでした?
まあ、いいか。

f:id:maemukinosusume:20180901213907j:plain
f:id:maemukinosusume:20180901213928j:plain

そんなこんなの、
なんだかんだで、
やっぱり楽しい夏休みの家族旅行。
また行こうね。

保険って難しい。 パパは若年性脳梗塞!?④

「生命保険って本当に難しい」
「思うようにならない」
脳梗塞で突然入院となり、
先のことが不安で、自分の保険を調べた時、
思い知らされた実感です。
f:id:maemukinosusume:20180801061205j:plain

結婚前、入院保険にだけ入ってました。
結婚後少ししたら、死亡保険に新しく入りました。
マンションを買い住宅ローンを組む時、
死亡や三大疾病(脳梗塞が含まれる)で、
ローンを補償されるものを付けました。
住宅ローンがチャラになる・・・。
これはとても大きな補償だと思い、
少しでもローン支払いにお金を回そうと、
入院保険を解約しました。

そんな中、脳梗塞で入院です。
それまで貯金を後回しにしていたため、
生活に余力は少なく、入院で生活費に困り、
頼ったのは当然保険です。

そして保険会社に問い合わせしてみて、
あれ・・・?って。
脳梗塞になったからといって、
保険金はおりないのだ」と気付いたのです。
所定の状態が続いた場合、支払われる。
要するに、後遺症が残るか、
仕事が出来なくなるか、する事。
僕は後遺症を覚悟していた視野狭窄も、
退院前には完全復活しました。
だから、当てはまらない。
考えてみれば当然です。
高額保険金を簡単に渡すわけはありません。

辛うじて、就労不可期間の給料補償だけ
受けられました。
ただ、貰えるまで日数が掛かるし、
必要な診断書を書いて貰うにも、
数千円掛かりました。
入院保険を解約している僕的には
かなりショックです。
なんて無知だったかと笑うしかありません。

そんな中、色々調べて見つけたのが、
「高額療養費制度」です。
医療費の自己負担額が一定の額を超えた時、
「高額療養費」として健康保険組合から、
自分の月収に応じた金額が支給されるのです。

通常は医療機関に支払った後に、
後日払い戻されるそうです。
ただそれでは高いお金を用意しなくちゃ、です。
・・・大変です。
さらに調べると、あらかじめ健保組合に
申請すると、元手が少なくて済むとの事・・・。

入院中に早速、申請。
程なくして「健康保険限度額適用認定証」を
交付して貰えました。
早い対応でほっとした事を覚えています。
自分の場合は月上限80000円程度の支給。

退院時、そんなこんなで自己負担限度額に
とどめることが出来ました。
でもかなりの出費であったのは
間違いありません。
特に入院保険を解約していたのは、
大きな痛手でした。後悔。

今までは、保険内容について、
細かく読み込んだ事はありませんでした。
補償条件はそんなに甘くない・・・。
言われるままに決めるのではなく、
ちゃんと勉強しなくては!ですね。

夏休みの宿題に悩む。 子育てのススメ④

子供の夏休みの宿題って、本当に悩みます。
そこで、ビッグサイトで行われている
「夏休み宿題・自由研究大作戦」に
行ってきました。

朝の通勤ラッシュをずらしたつもりが、
なかなかの人に揉まれながら、
国際展示場駅に到着。
もう同じ目的と思われる親子連れがちらほら。
子供と「付いていけばいいよねー」と
話しながら駅から出ると、
徒歩10分以上離れているはずの
ビッグサイトの独特な姿が目に入ります。
すごい大きい。
f:id:maemukinosusume:20180726213916j:plain

ビッグサイト内もとてつもなく広い。
ただ、他の親子連れにちょこちょこ付いていくと、
やっぱり迷わず会場に行けました。

取り敢えず、受付の列に並び、
そして整理券の列に並び、
結局、それだけで小一時間。
まあ仕方ない、折り込み済みです。

会場内、さまざまな企業が参加しています。
食品・社会・科学などなど、
夏休みに宿題・自由研究に役立つ、
プログラムのブースが並びます。

参加方法は3つ、
事前予約制(抽選)、
整理券制(当日)、 
当日受付(随時)です。

初めに参加したものは、
整理券制の「液状化現象」実験ブース。
内容はともかく、周りが騒がしい中マイク無し。
また、せっかくの整理券での参加なのに、
立ち見で飛び入りオーケーと、かなり緩い。
ちょっと残念な気持ちに。
内容は興味あるんだけどなぁ・・・。

気を取り直して、「涼しいのススメ」。
昔ながらの涼の取り方を教えてくれます。
子供の好きなクロスワードや、
お姉さんが霧吹きやうちわで涼を届けてくれます。
f:id:maemukinosusume:20180726220949j:plain

その他、「エックス線」「スマホの顕微鏡」
などなど回りました。

最後に参加したものは、
事前予約で当選していた「トロピカーナ」さん。
オレンジの栄養素や、
ジュースの豆知識などをクイズ形式で、
お話しの楽しいお姉さんが教えてくれます。
実際に試飲で違いを感じてみたり、
飽きずに最後まで楽しめました。
f:id:maemukinosusume:20180726221537j:plain

内容は色々、
正直、当り外れがありました。
上手に回るには、
見る目と戦略が必要かも、です。

子供への興味の引き方、
実際に宿題に活かす道筋の示し方、
保護者への働きかけ、
そして単純に面白さ。

このイベントはほぼ無料です。
内容に贅沢を言ってはいけないかなぁ。
でも、だからこそ企業側は
拘らないといけない、とも思います。
ここでは、ゴリゴリ営業してしまうと、
保護者は引いてしまうでしょう。
でも、楽しい企画をして、
企業のファンを作り、
結果、購買意欲などに繋がっていく。
最終的には、子供が大きくなって、
その企業に入りたいと思えたら、
とても素敵な事かと思います。

ちょっと疲れましたが、
参加して良かったと思います。
来年、もし同じイベントがあれば、
リベンジしたいです。
もっと上手く回って見せます。

小江戸川越を歩く。 男着物のススメ⑤

小江戸川越」
埼玉において、昔ながらの街並みで有名です。
着物が似合う江戸風情の街です。
先日、初めて行ってきました。
気温はとても高く、炎天下もいいところ。
勿論、浴衣で行きました。
(ちなみに、このブログ作成最中に
熊谷にて観測史上最高気温でました。
41℃超え!西暦2018年7月23日現在)
f:id:maemukinosusume:20180723144321j:plain
f:id:maemukinosusume:20180723144342j:plain

池袋駅から東武東上線で急行に乗り、
30分程度で川越駅へ。
「蔵造りの街並み」のエリアへは、少しあります。
バスも走っていますが、
今回は「クレアモール」という商店街を、
散策しながら歩きました。
和雑貨の店、入湯施設、
小江戸蔵里」というお酒のお店。
着物レンタルのお店など、軒を連ねます。
「呉服 笠間」さんでは、
川越唐桟」の反物も見られました。
絹のような光沢のある木綿の反物でした。

縁結びで有名な「川越熊野神社」を
越えたあたりから、レトロ感が増します。
何処もかしこも、写真を撮りたくなります。

驚いたのはチェーン店舗の外観。
景観保全を徹底していて、すごいです。
f:id:maemukinosusume:20180723144525j:plain
f:id:maemukinosusume:20180723144541j:plain

浴衣姿の人も外国人もとても多く、
楽しい雰囲気ですが、
めちゃくちゃ暑かったです。
黒い浴衣には体から塩が吹いて、
白い筋が・・・。

そんな中、お昼は「おぼろ豆腐ごはん」、
どんなもんかと食べたくて、
暑いというのに熱いごはん。
ごはんにおぼろ豆腐が乗っていて、
出汁のあんかけをかけてます。
・・・いや、熱い(暑い)でしょ。
f:id:maemukinosusume:20180723152022j:plain
f:id:maemukinosusume:20180723152039j:plain

とろとろで旨い。
がんもどきと、とん汁も旨い。
また、食べたいです。また来ます。
お土産は「寄せ豆腐」と
「五目がんもどき」。

色々回り、リユースの薄物着物と羽織の
掘り出し物を買いました。
最後に「まめ屋」さんで試食した「きなこまめ」。
きな粉の風味の後にお豆の甘み。やさしい味。
美味しかったので、お土産追加。
f:id:maemukinosusume:20180723153055j:plain

暑すぎなので早めに退散。
行きたかった「菓子屋横丁」は、
次に取っておくことにします。

着付け教室に通う。 男着物のススメ④

女性の着物の着付け・・・、難しいそうです。
それに比べたら男着物は簡単・・・です?

色々調べて着物で出歩いてみてみると、
これでいいのか?が、あるわあるわ。
着崩れてくるのは勿論、
角帯がほどけてきたり、
歩き辛かったり、
そもそもこの着方でいいのか、とか、
自信が持てないですよね。

そこで、男着物の着付け教室に行ってきました。
Facebookで見つけた、
男着物専門店の「SAMURAI 」さん。
http://kimonoman.jp/
なんと一回千円で全三回受講出来る!
安過ぎやしないか、受講後に買わされるのか?
半信半疑・・・。怖いんですけど!
銀座に店を構える、如何にも敷居が高いイメージ。
でも、勇気を振り絞り行きました。
ましてや、浴衣を着て乗り込みました。

緊張しましたが、対応してくれたのは、
物腰柔らかなお若い男性店員さん。
正直、ほっとしました。
どんな貫禄のある紳士がおわすのかと、
内心、ビビっていたので。

本来は事前予約だったはず・・・。
(要するに、怖くて予約出来なかった)
でも相談すると、「今日からでもいいですよ」
と言って貰えました。
平日の昼間なのが良かったかも。

初めに簡単な説明を受け、
「前金で宜しいですか?」
そして本当に千円。
逆に「いいんですか?」と
と聞きそうになり、言葉を呑み込む。

長襦袢や腰ひも、
長着と角帯の締め方、など、
綺麗に見せるコツを丁寧に教えて頂ける。
ネットでは到底知り得ない細部まで、
目から鱗」っやつです。
着物の畳み方をちょっとだけ触れたところで、
一日目は終了しました。
一週間ほど間を開けて、二回目、三回目と
続けるそうでありました。
店員さんに訊ねると、
「御自宅で復習ください」とのこと。

そんな感じで、二回、三回。
襦袢と長着の畳み方や、
更に踏み込んだ着付けのコツ・裏技。
色々な種類の角帯を試しました。
沢山、教えて頂きました。
そして、本当にこのお値段で終わりました。

商品の紹介などもして頂きましたが、
無理な営業は無かったです。

反物から仕立料込みのお値段は、
とても分かりやすく、一般的なお値段より、
安い印象を受けました。
(でも、今は買えないけれど・・・)
「いつか着物を一から仕立てる時は
このお店にしよう」と心に決めました。

最後に終了証を頂きました。
行ってみて良かったさあ。
f:id:maemukinosusume:20180715232013j:plain

男着物を色々見てみたい! 男着物のススメ③

着物を着て街歩きすると、
今まで気が付かなかった和物雑貨や
着物のお店に出逢いますね。

初めての着物散歩、巣鴨の地蔵通商店街では、
雑貨のお店が多く見られました。
そこで、男性の着物や浴衣を見てみたくて、
「池袋 着物 男性」でネット検索。
池袋西口にある「ゆめこもん」さん、ヒット。
五月の初旬、行ってみました。
http://yumecomon.com/

さすがに池袋のような人手の場所に、
着物を着て行く勇気はまだなく、
洋服で行きました。

出逢ったのは、斬新な羽織を着た男性店主。
羽織紐も皮素材で面白い。
「ゆめこもん」オリジナル!との事。
とても気さくな方でした。
着物初心者の一時間余りの質問責めに、
笑顔で対応してくれました。

ジーンズ着物など試着させて貰いました。
ジーンズ着物にはポケットが付いています。
スマホなんか入りそうで、便利。
子供用もありました。可愛い。

着物の下に着る襦袢が着崩れすると、
だらしない印象になりますが、
着崩れようのないTシャツ襦袢。
これまた便利。

初心者では難しい帯締めですが、
簡単に着付け出来るの帯ベルト。
木綿と皮で作られています。
女性なら、洋服で今流行りの
エストマークにしても、
面白いかもしれません。
色々、紹介して頂きました。
f:id:maemukinosusume:20180630094425j:plain

店主の中村さん、ありがとうございました。

池袋にはサンシャインシティにも、
男性の浴衣の取り扱いのある着物専門店を、
2店舗見つけました。
また、和装履き物専門店も
池袋駅西口東口ともに1店舗ずつ、発見。
恐らく、百貨店にもあるかとは思います。
が、男性向けの着物はやっぱり少ない。
試着して好みを見つけるには、
沢山歩くしか無さそうです。

追加情報です。
その後、男着物専門店がある事を知りました。
紹介しますね。
①藤木屋
fujikiyakimono@fujikiya.com
②samurai
http://kimonoman.jp/

着物を普段着にしたい。 男着物のススメ②

着物を普段着にしたい。
でも着物って、
簡単なようで難しい・・・。
難しいようで簡単・・・。
何と言うか混沌(カオス)ですね(笑)。

勉強すればするほどわからなくなります。
伝統を重んじる意見と、
新しい風を起こさんとする意見の、
大きく分けて二つがある。

こちらでこんなことを言ってる。
ふんふん、なるほど。
あちらではあんなことを言ってる。
何か違う。
そちらではそんなこと言ってる。
うっ、90度くらい違うかなぁ。
そんな感じです。

と言うわけで・・・、
絶対こうだと断定すると分からなくなるので、
こーんな傾向かなぁ、くらいがいいかも。

f:id:maemukinosusume:20180620225057j:plain

例えば、浴衣。
「伝統派」からすれば、浴衣で遠出なんて
ありえないし、そもそも夜の湯上がりに
ダウンのように着る、部屋着でしょう。
出るなら近所で、裸足に下駄。

「新しい風派」は、今や日中から遠出するのは
当たり前だし、肌に直接が嫌なら、
肌着を着てもいい。
足が痛くなるなら足袋を履くし、
下駄でなくて雪駄でもサンダルでもいい。
探せば、足袋風の靴まであります。

要は自分のセンスで違和感なければ、
とりあえずチャレンジしたらいいです。
勿論、失敗はしますけど・・・。
そしたら、俺の感性に時代が追いついてない。
と、開き直って前向きに。
みんなで着物を普段着にしましょう。

僕は着物で、どんどん外へ出て行くと
決めたので、恐れずに行きます。
この一ヶ月、巣鴨から始まって、そして池袋。
バスに乗って、浅草、上野。
電車に乗って、鎌倉、銀座。
正直、目立つのは苦手です。
特に外人さんに見られます。

でも、日本人として、着物を自信を持って、
着て歩けるようになりたいのです。